接続工法

水道用ポリエチレン管用継手 STジョイント

接続工法
NO部品名
AP.O 本体(アダプターオス)
ゴムパッキン
ワッシャー
割リング
袋ナット

ST3 点部品②③④の挿入順と挿入向きに、十分注意して下さい。

ST ジョイントにポリエチレン管を接続順序

STジョイント接続順序1

1. ポリエチレン管の管端を直角に切り揃えます。
★注意事項…ポリエチレン管を切断した際、切断面に生じたバリ等は、ナイフ等で取り仕上げてから継手本体に差し込むようにして下さい。

STジョイント接続順序2

2. 継手を分解し、ポリエチレン管に袋ナット・割りリング・真鍮ワッシャー・ゴムパッキンの順に差し込みます。(画参照)

STジョイント接続順序3

3. 管端をゴムパッキンから、5mm~7mm出します。(画A部参照)
★注意事項…管端を直立突止(ストッパー)に始めからドン付けして袋ナットを締め込まないようご注意ください。

STジョイント接続順序4

4. ポリエチレン管と継手とを真っ直ぐに支え、ゴムパッキンの位置を管端から5mm~7mmの所に置きながら、 真鍮ワッシャー・割リングをゴムパッキン側にスライドさせ、その後袋ナットを本体ネジに十分手で締め込みます。

STジョイント接続順序5

5. バイブレンチ2本を使って、割リングの割れ目が接触するまで、増し締めします。
※接触部に負荷のかかる場所(傾斜地や変則地帯)にはポリエチレン管の補強用にST コアをご使用ください。

STジョイント接続順序6
STジョイントの接続工法
タイトルとURLをコピーしました